業務内容

Full service technical support for the international maritime and petroleum industries.

船舶

環境コンプライアンス プログラム

Gallagher Marine Systems (GMS) は、システム、ポリシー、手順、規制コンプライアンスの遵守について倫理的かつ客観的な独立した監査を行い、お客様が効果的な環境リスク低減、利益保護、環境管理システム改善を図るため活用できる包括的で実践的な結果を報告致します。 コンプライアンスにかかる費用増大と、不適合とされた場合の民法・刑法による罰則が厳格化されているため、コンプライアンス管理プログラムにおける環境監査及び環境コンプライアンス プログラム/計画(ECP)の重要性が増しています。  多くの企業は、自社の事業が環境法のすべての要件を満たしているかどうかを判断するため、また差し迫った訴訟で利益を保護するため、環境コンプライアンス監査を委託しています。

GMS 監査チームは、米国及び国際規則や環境犯罪の分野で研鑽を積んでおり、当社スタッフの前職である免許を受けた船員、上級船舶マネージャー、USCG 検査官、ポートステート コントロール検査官、環境コンプライアンス専門家としての経験年数を合計すれば数百年にもなります。また、ISM、ISO 9001及び 14001で認定されています。

独立したコンサルタント

GMS のエキスパートは規制要件に関する助言をお客様に行い、プログラムを策定、維持、向上、監査し、そのような実践を採用する会社側の当然払うべき注意と環境に対する責任感の向上を示すベストプラクティス(最良の実践)と改善の機会を見極めます。  さらに、当社は「フォレンジック」監査や乗組員訓練を実施し、ISO 14001の運用及び認証をサポートします。

第三者監査役

GMS の監査役はシップベッティング、ISO 14001認証、ISM コンプライアンスの品質保証の役目を果たします。  外部の第三者として、利害の対立の可能性がない GMS 監査役は独立した安全装置の役目を果たし、コンプライアンスを検証して不適合がある場合には適切な当事者に注意を促す役割を担います。

裁判所の任命するモニター

GMS は、環境犯罪事件の結果として米国司法省により命令される ECP を監視する独立したモニターとして、裁判所の任命を受け業務を遂行します。 この役割において、GMS は包括的な監査を実施し、違反拡大の防止と会社の環境コンプライアンス改善を図る ECP が遵守されているかどうか裁判所に報告を行います。