業務内容

Full service technical support for the international maritime and petroleum industries.

施設、パイプライン、発電

プラン作成と維持

Gallagher Marine Systems (GMS) は、多彩な規制に適合した顧客固有のコンティンジェンシープラン、きわめて重要な対応計画及びオペレーション マニュアルを作成してきました。  これらの計画は、海運関連(精油所、石油ターミナル)施設、移動施設、パイプライン、発電会社向けに作成されています。  計画作成に加え、GMS は規制コンプライアンス及び第三者審査の目的でコンティンジェンシープランやオペレーションマニュアルのレビューを行い、それぞれの計画やマニュアルの内容について客観的な鑑定を行います。

GMS は以下に示す例のような計画業務をご提供できます。

  • 施設 – GMS は 33 CFR 154.1035 による米国沿岸警備隊要件に従い、また 40 CFR 112 による米国環境保護庁要件に従い、施設対応計画(Facility Response Plan: FRP)を作成し、承認を得ています。   さらに、GMS は 33 CFR 154.310 によりオペレーションマニュアルを制作し、USCG の様々な部隊により承認されています。  両方の場合共、対応計画は海運関連(精油所、石油ターミナル)及び移動施設について作成、提出、承認されています。
  • パイプライン – GMS は米国及び海外における多岐にわたるパイプライン関連計画を作成しており、例としては以下のようなものがあります。
    • 戦術的対応計画(Tactical Response Plan): GMS は、あるパイプライン会社のために、緊急時対応における初期努力をサポートするため収集された戦術的対応情報をまとめたマニュアルを制作しました。 戦術的対応計画には、コントロール地点ごとのサイトサマリー、地図/チャート参考文献、対応マップ、発生場所の説明、一般的なアクセス方法などを含めました。 また、一般放出/流路の予想についても説明されています。 放流水域の識別と被害を受けやすい特徴を選別し、提案される対応プロトコル及び戦術についても示されています。
    • 国際パイプライン計画: GMS は、トルコ・ジェイハンを通る BTC パイプラインのトルコ部分とマリンターミナルのための油流出事故対応計画(Oil Spill Response Plan: OSRP)の策定をサポートするため専門知識を提供しました。 具体的には、計画内容の制作、フォーマットのレビュー、アゼルバイジャンとグルジア向けに作成された計画と BP インシデント管理システム(IMS)との一貫性の保証などに関わりました。 さらに、GMS は現場固有の対応戦略、地域/国の対応戦略、流出管理戦略の策定に関わりましたが、これらはすべてアゼルバイジャン、ジョージア、IMS の訓練プログラムと一貫性を保つことが必要とされました。