リソース

国際的な海事業界や石油業界を対象としたフルサービスのテクニカルサポート。

リソース

代替計画基準書

Western Alaska

タンカー以外の船舶(通航のみ):

米国に入港前又は出港後に西アラスカ COTP 水域を通航する、もしくは西アラスカに寄港する場合、すべてのタンカー以外の船舶は西アラスカ APC 港湾指揮官(Captain of the Port: COTP)による承認を得る必要があります。  西アラスカ COTP 水域は、アラスカ海岸線から 200 海里までの範囲です。  USCG が承認する西アラスカ APC 提供業者は2社あり、 Alaska Maritime Prevention and Response Network (NETWORK) 及び 1-Call Alaska が承認されています。

USCG が承認する西アラスカ APC 提供業者に船舶を登録することで(必要とされる船舶詳細情報の提出を含む)、船舶は西アラスカ COTP 水域について USCG の裏書を得られます。  西アラスカ APC 提供業者の一般的な概要を以下に示します。  それぞれの提供業者に関する詳細は、Gallagher Marine Systems ([email protected]) までお問合せ下さい。

アリューシャン列島、ブリストル湾、コディアック島の各サブエリア内にあるアラスカの港を通航もしくは寄港するタンカー以外の船舶を対象に、2018年6月30日現在、2社の西アラスカ APC 提供業者が承認されています。  下図に、承認されている 3つのサブエリア(サブエリアは、アリューシャン列島及びコディアク島の南 200 海里までの範囲)を示します。

両社共、前述のサブエリア(アリューシャン列島、ブリストル湾、コディアク島)水域外を通航する、又はアラスカに寄港する船舶を対象とするよう承認されています。

西アラスカ APC 提供業者はそれぞれ、船団ベースで適用証明書を発行します。 船団全体が登録されていても、西アラスカ又はプリンス・ウィリアム湾港湾指揮官(Captain of the Port)水域を通航する船舶のみが請求対象となります。  APC 提供業者各社の料金体系に関する詳細と GMS サービス料金については、Gallagher Marine Systems ([email protected]) へお問合せ下さい。

どの提供業者であるかに関わらず、船舶が当該領域を最初に通航する日付から少なくとも1年間にわたり適用が有効になります。  適用有効期間にわたり、船舶はこの領域を継続的に通航でき、追加料金は発生しません。

西アラスカ APC 提供業者各社の下で適合状態を維持するため、船舶はそれぞれの提供業者の「業務手順(Operating Procedures)」 を厳守すると共に、当該領域を通航する際には追加の文書を船内に所持している必要があります。  この文書は、登録時に提供されます。

NETWORK APC は、西アラスカ COTP 水域全域について承認されています。  通航船舶の登録料は総 NTV バレル容量に基づき、1隻あたり年間 $5,045 米ドルを上限とします。  西アラスカ COTP 水域を通航する承認を得るためには、NETWORK 登録証を USCG 本部に提出する必要があります。  NETWORK APC の下で適合状態を維持するため、船長は、業務手順に関わる APC (業務手順 – 貨物と乗客(Operating Procedures – Cargo and Passenger))に記載されている要件を完全に理解し厳守する必要があります。  APC 業務手順から逸脱した場合は、NETWORK へ通知する必要があり、USCG セクターから承認を得る必要があります。

1-Call Alaska APCも、西アラスカ COTP 水域全域について承認されています。 通航船舶の 1-Call Alaska APC 登録料は総 NTV バレル容量に基づき、1隻あたり年間 $5,700 米ドルを上限とします。  西アラスカ COTP 水域を通航する承認を得るためには、1-Call Alaska 登録証を USCG 本部に提出する必要があります。  1-Call Alaska APC の下で適合状態を維持するため、船長は、業務手順に関わる APC(COTP 西アラスカ領海内で 1-Call Alaska APC により運航する船舶に関する船長のための手引きMasters Guide for Vessels Operating under the 1-Call Alaska APC while in COTP W Alaska Waters))に記載されている要件を完全に理解し厳守する必要があります。  APC 業務手順から逸脱した場合は、1-Call Alaska へ通知する必要があり、USCG セクターから承認を得る必要があります。

料金体系に関する詳細、GMS 登録料、APC 提供業者各社の登録プロセスについてさらに詳細な情報をご希望の場合は、当社までご連絡下さい。

タンカー船(通航のみ):

米国に入港前又は出港後に西アラスカ COTP 水域を通航する、すべてのタンカー船は、西アラスカ港湾指揮官(Captain of the Port: COTP)から APC の承認を得る必要があります。  2016年11月1日現在、タンカー船を対象に USCG が承認する西アラスカ APC は、Alaska Maritime Prevention and Response Network (NETWORK) だけが提供しています。  タンカー船の NETWORK APC 登録料は $7,125 米ドルです。  さらに、現地の OSRO 提供業者 Chadux に登録する必要もあり、料金は $10,000 米ドルです。  西アラスカ COTP 水域を通航する承認を得るためには、NETWORK と Chadux OSRO 適用の両方について登録証を USCG 本部に提出する必要があります。

NETWORK APC の下で適合状態を維持するため、船長は、業務手順に関わる APC(http://www.ak-mprn.org/wp-content/uploads/2016/08/WA-APC-TV-Operating-Procedures-04 18 2016.pdf)に記載されている要件を完全に理解し厳守する必要があります。  APC 業務手順から逸脱した場合は、NETWORK へ通知する必要があり、USCG セクターから承認を得る必要があります。

船舶の登録に関する詳細については、Gallagher Marine Systems ([email protected]) までお問合せ下さい。

アラスカに貨物を運搬するタンカー及びタンカー以外の船舶:

西アラスカ COTP 水域で貨物運搬の予定がある場合は、Gallagher Marine Systems([email protected])へお問合せの上、詳細情報をご確認下さい。

Guam Port Calls

グアムへの寄港 – タンカー及びタンカー以外の船舶についての登録要件とプロセスを簡素化する努力の一貫として、USCG はグアム寄港に関して「D14 沿革水域 APC 要件(D14 Remote Zone APC requirements)」を発行しました。  これらのガイドラインの下で、GMS は、グアムもしくはサイパンへ寄港する船舶を対象とする2種類のコア APC(タンカー及びタンカー以外)について USCG の承認を得ています。

いずれかの GMS コア APC の下でスムーズに登録するため、USCG では船舶に対して、米国 OSRO 適用(National Response Corporation もしくは Marine Spill Response Corporation を介して)に加え、現地 OSRO 提供業者(OSROCO/T&T)と契約を締結することを求めています。 GMS は、グアムもしくはサイパンに寄港するすべての船舶について、OSROCO/T&T との契約をアレンジし、船舶を GMS コア APC に登録し、グアムに関する USCG COTP 水域の承認を得ることができます。

GMS Core APC の下で適合状態を維持するため、船長は、APCの「防止緩和策(Prevention Mitigation Measures)」の項に記載されている要件を完全に理解し厳守する必要があります。 

グアム寄港に際して船舶を GMS コア APC に登録する詳細とサポートについては、GMS([email protected]までお問合せ下さい。

American Samoa Port Calls

アメリカ領サモアへの寄港 – タンカー及びタンカー以外の船舶についての登録要件とプロセスを簡素化する努力の一貫として、USCG はアメリカ領サモア寄港に関して「D14 沿革水域 APC 要件(D14 Remote Zone APC requirements)」を発行しました。  これらのガイドラインの下で、GMS は、アメリカ領サモアへ寄港する船舶を対象とする2種類のコア APC(タンカー及びタンカー以外)について USCG の承認を得ています。

いずれかの GMS コア APC の下でスムーズに登録するため、USCG では船舶に対して、米国 OSRO 適用(National Response Corporation もしくは Marine Spill Response Corporation を介して)に加え、現地 OSRO 提供業者(Solar Environmental Services Inc.)と契約を締結し、また海難救助及び海上消火活動(Salvage and Marine Fire Fighting: SMFF)とも契約を締結することを求めています。

GMS は、Solar との契約をアレンジし、船舶を GMS コア APC に登録し、アメリカ領サモアにおける寄港認可に必要とされる USCG COTP 水域の承認を得ることができます。 GMS Core APC の下で適合状態を維持するため、船長は、APCの「防止緩和策(Prevention Mitigation Measures)」の項に記載されている要件を完全に理解し厳守する必要があります。 

アメリカ領サモアへの寄港に際して船舶を GMS コア APC に登録する詳細とサポートについては、GMS([email protected])までお問合せ下さい。

Hawaii

ハワイ – ハワイへの貨物運搬の場合、APC は要求されませんが、ハワイに寄港するすべての船舶は、適合状態を維持するため追加措置を講じる必要があります。 現在、National Response Corporation 及び Marine Spill Response Corporation が、ホノルル COTP 水域内での船舶への適用提供を認定されています。

船舶への適用を確実にする詳細とサポートについては、GMS([email protected])までお問合せ下さい。